無料 無料 節約の本棚

2016年08月30日

今タイプをやめると歯止めが効かない。



7月で多重債務の1社を完済したので月々の返済が少し軽くなる、8月からその分を他に回せるとほっとしていましたが、残業カットで収入減やっぱり甘かったです。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思います。


もう無理です。

 勤め先の業績が悪く売り上げに直接かかわらない後方支援組の残業規制が始まってしまいました。
営業など売り上げを伸ばす組は、残業してでも仕事獲得に励み、営業が取ってきた後の作業を支援する組は、残業してまでも急いで行う業務が無いだろうから、とっとと帰宅との事です。
 そうなりますと、せっかく8月から1社への返済分なくなったのに月々の残業代が減り7月よりも生活費が苦しくなってしまった。
支出が変わらないで収入が減るとなると、どの公共料金を滞納するか?究極の選択をしないとなりません。


気持ちの整理がつきません。

 月々の残業代って、1社の返済額より全然多く特に忙しかった時など2社分の返済額に近かった、それが一気に無くなるなんてもう生きていけないぐらいの重大事件です。
このまま生き続けてこれから先に良い事がまっているでしょうか?何も思いつきません。
このままだと返済中の残り2社を返済し終わっても、何も楽にならないに決まってます、このまま悩み続ける人生など体が疲れる以上に生きる気力を失いかけます。
 どうしてこんな仕打ちを受けないとならないのでしょうか?普通に生活をしたいだけなのに、贅沢など希望していないチョット幸せを感じられる時があれば良い、その程度の人生しか望んでいません。
 朝食抜き、お昼が3百円以内でいままでやってきましたが、これからは朝昼抜きです、夕飯のみの1日一食生活となりますが夕食に何を期待できるでしょうか。
お腹いっぱいにおかずとご飯など夢ですね、大安売りのカップ緬を大きなどんぶりに入れお湯を一杯注いで空腹を乗り切るしかないですね。
私はそれを我慢できますが、家族をそんな目にあわせたくありませんが、悩み続けても時間切れでそんな状況へ突入してしまう。

家族に説明しなくてもよい事だけ救われます。

 7月で1社の返済が終わることを家族に内緒にしていたから、会社が儲かっていないので残業代カットになったから、収入が減ってしまったと言えば単に済むことです。
でも、お金のたらなさが増すことで罵倒を浴びること間違いない、役立たず死ねって言われても何も返す言葉がありません。
 子供は、親選べませんので諦めてもらうしかなく、自分で人生を歩みだせるおとなになったら私の事など放り投げて自分の幸せを追ってほしい、それまで歯を食いしばって我慢して生き抜いてほしい。
 勝手な言い分ですよね、それ以外の方法は、今すぐ私が消え去るしかないありません、不慮の死を迎えれば会社から退職金、遺族年金も受け取れるのでしょうか?貧乏生活から少しは抜け出せるかもしれません、きっと今の生活よりも普通の生活に近づくに違いあいません。


家族の幸せって、私がいつ消え去るかにかかっているのでしょうか?

 今でも悩みが一杯なのに、7月で1社の返済が終わることで心に少しの余裕が出来そうだったのに、期待した分反動が大きく心のよりどころを失ってしまいました。
何をするにもやる気が出ません、今ブログを書いて自分で自分を勇気づけようとしても気分が良くなることになっていません。
 誰かがお金のいっぱい入る方法で私の人生を終わりにしてくれることを願うばかり、頭の中を良くない事ばかり駆け巡っています。
何度も、支払い遅延、延滞を繰り返し、ガス供給停止を受けたことも経験していますので、今回の事も今までやってきたことに変わりがないと思いつつも、なぜか心の打撃が大きすぎて今までと違うような、多重債務で苦しみぬき任意整理に踏み切るまでの時代に戻ったような感じです。
 衝動的に○○を起こしてしまう人が世間を騒がせることがあると思います、頭の中が悩みでいっぱいになると、何かを壊したい、それは自分をも含めて行ってしまう、後先考えられずに今この時に躊躇など言葉が無いが如く行わないと居られなくなります。
 今の自分がそれに達しようとしているのが分かります、今タイプをやめると歯止めが効かない状況だと感じています、落ち着こうとしても何を考えたら、何に矛先を向けたらできるのか答えが出ません。



生き抜くためにどうしたらいいのか?

 自分の人生を幸か不幸を決めるのは、自分しかいないはず、他人が人の不幸を決められる、判断できるわけがない。
自分で不幸と思わなければ決して今の人生も不幸でないと強い気持ちを持てばと、人生を諦めた自分に反対意見を唱える自分がいれば、まだ生き延びられそうな気がします。
 きっと、誰もいない草原を叫びながら疲れきるまで走り続けたら、頭の思考を止めて体が疲れきることを行い、そのままバッタと倒れて休憩の眠りにつくしかないかもしれません。

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。

身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください 。
すぐに知人に教える








にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
posted by 800man at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする