2018年01月11日

借金完済したのにクレジットカードの甘い誘いに乗ってしまいました。


借金完済して数か月が過ぎました。

クレジットカード新規加入で貰えるキャッシュバックが、1万円近くだったので申し込みました。

高額キャッシュバックの条件にキャッシングリボの同時申し込みが条件にありました。
加入審査に落ちることは慣れていますので気軽に申し込みました。

クレジットカードで多重債務に陥り10年近くも苦しむつづけたのに、ダメ人間は根が腐っていました。

最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思います。







借金を完済しやっと支払いに追われる生活から離脱できました。
公共料金も普通に銀行口座から引き落とされ、依然味わったガス供給停止も遠い昔の笑い話になりました。
まるで月々の給料が増額したような気分、食事もそれなりに食べられるようになり、若干太った気がしました。

無駄にお金を出費することなく倹約を心がければ、きっとこれから家庭内も良い方向に向かってくれると願うところです。
でも、そんな願いが簡単に叶うのならば、借金人生など歩まないですんだはずです。


ある日、メールで「クレジットカード新規加入で貰えるキャッシュバック」を目に止めてしまったのです。
そのキャッシュバックが9千円と高額なもので、思わず欲しいとメール記載のサイトへ飛んでしまいました。

クレジットカード新規加入とキャッシングリボの同時申し込みですが、無料なもので使わなければ、キャッシュバック9千円の丸儲けなんて目がくらんでしまいました。
多重債務の任意整理でクレジットカードなど何年も所有していなかったから、今回、クレジットカードが届いても封を切らずに無かったことにすれば安全。
借金完済しても5年間は審査に通らないと言う話を聞いたことがあり、そもそも申し込んでも無駄と思います。
でも、お金がかからないならダメもとでクレジットカード新規加入を申し込んでも、失うものなど何もないから申し込んでみたくなりました。

ネットで申込み、その後に受付、審査に入る旨のメールが届きました。
就職して初めてクレジットカードを申し込んだときは、早く届かないかなと胸躍らせたような気がします。
今回は、クレジットカードの審査が通ったらラッキー程度の感覚しかないもので、期待など持つこともありませんでした。

それから10日程したある日、自宅ポストを見ると不在通知の紙を見つけました。
信じられない、クレジットカードの審査に通ってしまいました、電話系のクレジットカードって審査の基準が違うのでしょうか?
デビットカードでない電子マネー機能付きの普通なクレジットカードをゲットしてしまいました。

クレジットを使いますとポイントもたまり、ローソンやマクドナルドなどで支払いが3%引きになります。
ガソリン給油などその他特約店での電子マネー機能やクレジット利用でのポイント還元が倍など利用価値が高い事もわかりました。
同封されていたパンフレットを見ると、ポイントアップモールなどのサイト紹介があり、そのサイト経由で楽天やアマゾンなどショッピングサイトで買い物をするとdポイントが1.5%分もらえることも分かりました。

楽天やアマゾンで買い物をすると、楽天やアマゾンのポイントと支払に使うクレジットカードにポイントがたまります、それプラスdポイントが1.5%分もらえる。
100円利用で1ポイント1円分がもらえる、コンビニなど少額支払でも年間を通すと結構な額のポイントがたまると思います。
出張の時の新幹線代や通勤定期代などクレジットを利用すれば数千円のポイントがゲットできる。

今まで現金で支払っていた事をクレジットに変えればポイントがたまる、現金を使わないでいれば支出が増える訳でないから、困ることなど何もないはず。
でも、お金との付き合いって恋を愛に変えるぐらい難しいことでした。


そもそも現金払いの全部をクレジット払いに変える事など不可能でした。
クレジット払いが出来ないお店もありますが、それよりもクレジット払いって私しか利用できないのです。
妻やこどもが買い物をする時、現金がないと買い物が出来ない、結局、現金支払いとクレジット払いを共存させないといけない。

1ヵ月の家族が使う現金と私が使うクレジット分をしっかりと分けて管理すれば、現金とクレジットの共存共栄が成り立つのですが、そんなに頭が良くなかった。
休日に家族でショッピングセンターへ行ったりした場合、妻は現金を持っていますがクレジットポイントの還元を得たく、買い物の支払いにクレジットカードを使ってしまう。

悪循環の始まりです、今まで通り平日の買い物で妻が現金を使用する。
クレジットカードを持っていなかった時は、平日も休日も手持ちの現金以上の買い物ができなかったが、クレジットカードを持ったことで休日の買い物が回を追うごとに増えてしまった。

結局、月々の支出が増えてきて、公共料金やクレジットカードの銀行口座からの引落し不能が襲ってくる。
それは不味いと気がついたときに残された道は、クレジットカードの全額リボ払いで月々支払い可能な額の設定しかありません。
そこから、クレジットを公共料金の支払いなど毎月発生するものだけに使用する、それ以外は手持ちの現金だけで買い物生活を行うようにしないと、このブログの始まりに戻ってしまう。

クレジットリボ払いの清算を行うには、本気でクレジットカードを使わないようにしないと出来ないのですが、コンビニ支払額が3%引きなる事とコンビニの支払だったら額も少ないし、クレジットカードを使っても良いと思ってしまう。

クレジットリボ払いって返済利息が付くので、月々の支払いで元金プラス手数料分を超えた支払いを行わないとクレジットリボ払いの元金が減らない。
それって大変難しい事も経験してきたので十分わかっているのですが、簡単に利用できてしまうクレジットカードの魔の手から逃げられないのです。

クレジットカードの支払が月々ちゃんと銀行口座引き落としができていると、次の刺客がやってきます。
クレジットカードの月額利用額アップや無担保ローン借入れ申し込みのキャンペーン通知が襲ってきます。
なんか自分が信用されているような気がしてきます、月々の返済が楽になるような自分都合な錯覚を起こしてしまいます。
何年も多重債務に苦しんできたことなど他人事と、あっさり思い込んでしまう自分がいます。

結局、クレジットカードの無担保ローン借入れ申し込みを行ってしまいました。
今回クレジットカードの申し込みと同じで、多重債務の任意整理を完済したばかりだから審査に通る確率は少ない、どうせ通らないけど試してみたいなどと気持ちをすり替えています。
クレジットカード払いって、つけ払いだから借金だけど、カタカナ文字の魔力で判断が出来なくなっています。


結局、十年前に戻ったように借金生活を始めてしまいました。
クレジットカードの審査って通らないほうが
幸せなのかもしれません。
いや、そんな人ばっかりでないはずです、このブログを文庫本を読むかのように読んでいるお金に健全な人がいるはずです。

収入内で生活、おまけに月々預金できるような人などいっぱいいるはずです。
私がバカなだけです。

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。

次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。

身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください 。
すぐに知人に教える


【関連する記事】
posted by 800man at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。