2014年12月25日

ガス供給停止は本当にありました。





ついにその時が来てしまいました、ガス代の未払いがたまりガスの供給が停止となってしまいました。
真冬にお湯が出ない、使えない生活って想像できますか?
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思います。

仕事で夜遅く帰宅し、ポストにの郵便を鷲掴みに取って部屋に入り、今日も残業で疲れたと独り言をいいながら、部屋着に着替え一息をつきながら椅子に座りテレビをつける。
クリスマスに向かいクリスマスツリーのライトアップされた光景が目に入りました、家族揃っての団らんのひとときが世間一般でしょうが、いま私は、一人ぼっちで何気なくテレビを見ています。
ポストに入っていた手紙を見始め、何時もの事の如く請求書、不払いの催促通知に申し訳なくも、支払いきれない自分をいやになっています。

今年もあと少し、何も解決できずにまた1年が過ぎようとして、それを引くずったまま新しい年を迎える事になる。
新しい年を迎えてもカレンダーが変わるだけで、今の生活が変わる事などありません。
今年もがんばったと、自分を誉めたくても何も誉められる事などしてこなかった、その報いが今年の締めくくりとしてやってきたのでしょう。


手紙の束に正方形の珍しいタイプの封筒がありました、郵送されたものでなく此処にきてポストに投函された封筒です。
ガス屋さんが投函したもので、中身がこれでした。
20141225.jpeg

その日、当然わたくしは、仕事で昼間不在ですから何時にガス屋さんが来たのか分かりません。
わたくし一人ぼっちなので家族は誰ひとり家にいません、ガス屋さんは、会社の決定通りにガス供給停止をおこない、その場でガス供給停止の通知を印刷してポストに投函して行ったのでしょう。

お風呂のシャワー栓をひねって何時まで待っても、冷たい水が流れ出すだけでお湯など出てきません。
最初冷たく感じても、シャワーぐらいならチョットがまんして、体を洗うぐらい出来そうな気がしましたが、無理です。
デレビで見かけた、修行僧が冷たい滝に打たれる光景を未熟者に真似などで来ません。


ガス屋さんがガス供給停止に来たとき、その場に居合わせて未払いのガス代を直に支払いますと言ったら、ガス供給停止の処置は、免れたのでしょうか?
その場で現金支払いって出来るのでしょうか?現金支払いできなくても近くのコンビで直ぐ支払って、その支払い書を見せたら、その場でのガス供給停止を回避できたのでしょうか?

その場で現金支払いなら、ガス供給停止にならないような気がしますが、近くのコンビニで直ぐ支払ってくるからそのまま待っていてなんて、出来ないような気がします。
ガス供給停止に来た人は、ガス屋さんから仕事を受けた業者でガス代の集金が出来ないなんて事も考えられる。
その場に居合わせてもガスの供給停止を避けられないですかね。

だいたい住まいの近くにコンビニがありませんので、今直ぐコンビニで支払ってくるから30分以上待っていて欲しいなど、聞き入れてもらえないですよね。
そんな話をしても、ガス代の支払いを溜め込んでいる人間を信用する人などいない、話を聞く事もしないでガス供給停止の仕事をするでしょう。
こんな事いくら考えても、支払い能力がないからガス代を払えず、未払金が積もりにつもっている状況だから、その場で未納分のガス代全額を今直ぐ、支払えるはずがないのです。


生活のインフラとして、電気、ガス、水道がありますが普通に生活するには、どれも必要です。
オール電化のご家庭でしたら、ひょっとしてガスの必要性がないかもしれませんが、電気と水道を外す事は出来ないでしょう。
毎日気温30℃の生活環境でしたら、蛇口をひねってお湯が出なくても、水シャワーだけで体を洗うって生活する事も可能でしょうが、今の生活環境は真冬のまっただ中です。

給料を貰ったら、未払い状態のガス代をガス会社さんへ支払い、ガス供給開始の連絡をする事にします。
給料を貰っても支払いが増えた分、手元にいくら残るのでしょうか?
給料を貰っても、手元に残るお金などありません、何回計算してもマイナスです、ガス代を支払えても水道代が支払えないと今度は、水道の供給停止になったとしたら蛇口をひねってもお湯も水も出てきません。
ひょっとして、ガス代よりも水道代を支払うのが優先度高いでしょうか?

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。
身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください 。
すぐに知人に教える







posted by 800man at 13:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする