2010年11月06日

相手をしてくださりありがとうございます。




ブログをはじめて2年が過ぎてしまいました。
なにをやっているのだろう?多重債務に困り果て苦しさのあまりブログをはじめ、1年後に司法書士に相談しました。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思います。


2年間の間にブログ訪問者、ブログ記事の読者の方々に勇気付けられるコメントをたくさん頂きました。
みなさん長文のコメントで、伝えたい思いがもの凄く感じられます。
1度限りではなくて数度にわたりコメントを頂けてまして、皆さんが私の家族のことを親身になって心配してると心苦しいほど感じました。

ブログをはじめた当初は、何も考えられずにひたすら我慢の逃げどころでした、1年やり続け皆さんの励ましが勇気・原動力となり法律事務所に行くことができました。

今思うと1年もなにやっていたんだ!
家庭の不和が原因だからまだ乗り越えられる、借金返済と借入れを繰り返しても生活できる?なんて思いを捨てきれずに1年過ぎてしまった。


それって、何もできない男の馬鹿さ加減です。
ブログやアンケートに法律相談のアドバイスを頂きながら、苦しいだけの時間を過ごしてしまった。
日々疲れ果てていたから行動ができなかった、そんな言い訳は直ぐに思いつくのに、こんな結果を予想しながらも流されてしまいました。

司法書士に任意整理を依頼して、返済が一時ストップして気が緩んでしまった。
6ヶ月間も返済がストップしていましたので、そのあいだ食べられ、公共料金なども普通に支払えていました。
任意整理の示談が決着すると月々の返済が始まります。
最初の3ヶ月ほどは、返済ストップ6ヶ月間の余力で無事にクリアしました。

結局、それから3ヶ月が過ぎ今の現状は、支払い滞納の幕開けを再び迎えています。


前記事にて、もう駄目と書きましたら、コメントを多数頂き感謝しています。
私の馬鹿な話に呆れ果てることなく記事を読んでくだされ、私の行動をがんばったと認めたコメントと受け取っています。

生きつづけないと、今、思っています。
楽しいことなど何も無い、苦しいことしか待っていなくても、生き続けないといけないのですね。

先日、新陪審員制度の死刑判決と無期懲役判決で論点が分かれるニュースがありました。
私事ですが、あっさり死の選択すれば苦しみの日々を過ごさないでよいと思われますが、反省する機会がありません。


背負ってしまった人生は、最初から決まっていたものでしょうか?
悪魔のささやきに乗ってしまったことは、生まれたときから決まっていたことなのでしょうか?
時間を戻すことは、出来ませんが、未来は変えられると考え直すと前を見直すことが出来るように思えます。

でも、最初から裕福な家庭に生まれてくる子供と、貧困な家庭に生まれてくる子供のことを考えると、生まれてきた時から人生が決まっていると思えます。

どちらが正解なのか、誰も決めることは出来ないでしょう、多数決をとって答えを決めても納得できるものでないはずです。


皆さんの励ましを熱く感じ今思うところは、私の人生を取り返すことなど出来ないと思いますが、子供の未来はまだ修正できるはず、がんばるしかない。

私のもとに生まれてきた子供が背負う人生を私が押し付けてはいけない、お金に困っていますが仕事がまったく無い貧困な家庭とは違います。

まだ子供の人生を修正可能だと思えてきました、私が逝ってしまったら子供の人生を決めつけてしまいます。
一生抜けられない奴隷のような状況ではないはずです。


身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください
すぐに知人に教える


私の馬鹿話をいつまでも読者の皆さんが、小説を読むが如く別世界の話であることを祈り続けます。


健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。



posted by 800man at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
以前とあまり生活が変わってないようで、意外に思っています。
念のため、お近くの弁護士会の無料相談でセカンド・オピニオンを求めてみてはどうでしょう?
(電話して、「任意整理をお願いしたけど、やっぱり生活できない」とおっしゃってみて下さい。)
家賃は、一ヶ月の滞納くらいで追い出されることはないでしょうが、次のお給料とボーナスで滞納分を含め全部きちんと払えることを、大家さんにお詫びかたがた説明しておかれた方が、悪感情を抱かれず状況を理解してもらえるかもしれません。

Posted by はっちゃん at 2010年11月06日 23:31
我が家も消費者金融のローンが数百万ありました。たぶんあなたと同じくらいの額はあったと記憶しております。
夫はずっと黙ってましたが、何かおかしいのは妻の私にはかわりました。
任意整理を経て二人で何とか切り抜けました。
一人で苦しまないでください。言いにくいのはよくわかります。
我が家も何度も何度も喧嘩のような状態になりましたが、何度も何度もどうすべきかを話し合いました。
人には切り抜けられる苦しさしか与えられてないと聞いたことがあり、それを信じてやってきました。
一つ一つコツコツと忍耐です。
決して死んではいけないです!
死んで楽するのは自分だけ。家族がどんなに苦しむ事になるのかよく考えてください。
知人は億単位の借金でも一歩一歩前に進んでいます。
進むしかないのです。
Posted by dora at 2010年11月07日 14:47
自分も親の原因や自己責任で数百万の借金を抱えています。
生活は苦しいですが、決して返済や生きることを諦めません。
守るべき人や家族がいるから立ち止まれないのです。あなたにもいるのでしょう?

弱音を言わずに、前進しましょう。
Posted by タケチャン at 2010年11月08日 10:31
仕事しながら生活や家族があって、奥さんとも問題があって、借金も・・

とてもしんどいと思いますが、体には気をつけて下さいね。

僕も債務整理中ですが、借り入れ先が銀行や消費者金融だけで保証人が無く、不動産等所有してなければ破産してたと思います。

金融期間や保険会社や不動産会社に勤めていたら問題あるかと思いますが、それ以外だと全然大丈夫です。

僕は友人からの借り入れが多く、破産できないのである意味うらやましい・・ぜひ考えてみて下さい。

Posted by k-n at 2010年11月10日 01:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック