2011年08月29日

来月の給料日まで4千しかない、どうやって暮らそう?




8月の給料をもらったばっかりですが、支払・返済で手元に残ったお金は、4千円たらず。
次の給料日まで、どう考えても1ヶ月あるのですが、どうにもすることがありません。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思います。


今、手元に現金4千円、それでも今月分の支払・返済がすべて済んだ訳でもありません、これ以上お金が無いないので、督促されても来月の給料日まで、申し訳ありません状態です。

また、来月になっても同じ事の繰り返しが決まっている、何時になったらこの状態を脱することができるのでしょうか?

任意整理で月々約6万円ほど返済しています。その6万円が無かったら月々の家計も何とかなりそうな気もしますが、あと7年ほどかかります。


あそうですね、今手元に現金4千円しかない事を忘れておりました。
私の昼食代などを1ヶ月4千円しか使わないとの条件が必要でした。

月4千円を30日で割ると、1日約130円になります。
単純に考えると、毎日おにぎり1個とか、3日於きに牛丼1杯の選択になってしまう。

不景気の真っ只中、所得が上がることなど希望もありません、むしろ、会社が潰れなかったらましな状況でしょう。


人それぞれに違った人生があると思います、上をみたらきりが無いほど裕福な生活を送っている人がいると思います。

私たち家族の状況ですが、当然、並みなど程遠い下の下でしょうが、もっとひどい状況ってどんな状況でしょうか?

もちろん東日本大震災で状況がかわられた方々は、先々の状況変化が見えませんので、別に考えないとならないと思います。


私たち家族よりひどい生活を送っている人って、もっとお金に困っているかたでしょうか?
貧乏イコール不幸とは、ならないと思いますが、貧乏が幸福とは言いがたいと思います。

お金を借りられている状況では、不幸など感じる機会が少なく、返済ができていれば幸福なのかもしれません。
がんばれば生活を維持できるので、無理に考える必要もないでしょう。

そのあと、私みたいに借金が増え続け返済不能になり、借入先が無くなり任意整理にすがった場合、借金返済が終わるまでは、幸福などやってこないと感じています。


借金さえ返済してしまえば、不幸も終わりでしょうとあなたに怒られるかもしれません。
でも、長年にわたる借金返済生活の犠牲となった家族、特に子供たちが失われた時間を取り戻すことができません。

迷惑をかけたまま他界してしまった、両親への恩返しもできませんでした。
過去の時間を取り戻すことや穴埋めすることなどできません。

生活水準が下の下が不孝と言うよりも、一緒に不幸の巻き添えを与えてしまった、取り返しのつかない時間を作ってしまったことが不幸の大きさと感じております。


健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。



身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください
すぐに知人に教える




posted by 800man at 20:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
いつもブログを読ませていただいてます。
ブログの更新がないと、どうしたんだろうか…と心配しています。貴方はもう頑張って頑張って頑張りすぎてます。
債務整理しても苦しい状況なら自己破産したほうがいいと思います。
家族の為にも、貴方の為にも…



Posted by koharu at 2011年08月29日 21:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック