2011年10月06日

ご結婚おめでとうございます。




会社の後輩が結婚することになり、大変おめでたいと影ながら喜んでありますが、招待状を頂きお祝い金の悩みが発生しました。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思い
ます。

結婚式のお祝いですから、ある程度の額が必要では?
身内と会社関係では、額が違っても良いと思いますが、あまり低すぎてもいけないように思います。

借金返済がきつい状況で、千円でも出費を抑えたい所に困ってしまいます。
欠席すれば良い?
是非、出席といわれると欠席の返事は、難しいです。
お金がありましたら招待状を手渡されたときに、招待ありがとう、必ず出席しますと即答できたのですが、おめでとうしか言えませんでした。


会社の先輩として、人生の先輩としても、情けないですね。
借金人生の教訓だけは、教科書のように事細かく説明できます、人生の失敗者として絶好の見本と言い切れます。

家庭生活も満足に行えず、お金管理もできない、その上、先が見えている定年後の人生も真っ暗ときたら、人に何を教えても笑い話にしかなり
ません。

私のようにだけは、ならないでください。
それだけを伝えですが、こんな汚点誰でも話したくないと思います、当然わたくしもそんな勇気など持っていません。


伊達に勤続年数が多いものですから、仕事の知識と経験があり、後輩から信頼されています。
そんな人間が、人生の悪い見本だなんてギャップがありすぎて話しにならないでしょう。

結婚式場も有名な所でしたので、出席者もそれ相当のお祝い金を包まないといけないように思えます。
是非出席したい、でも私には、お金がありません、どうしようにもどうにもなりません。

多分、残された会社生活の中で、今回が最後の結婚招待だと思います。
それを断るのも?、もっと気になることは、後輩は、仕事の私を信頼し質問や相談をしてきます、そのような友好な関係状態で、結婚式欠席は
言えないです。


今頃、自分の歩んできた人生を悔やんでも遅すぎますが・・・
馬鹿は、死ななきゃ直らない、まったくその通りと感じております。

大切なことに気が付きました、もっと絶望感を持ってしまうことです。
私の子供たちですが、将来的に結婚話がやってきて当然だと思います。
借金抱えて任意整理中なので、お金がまったくありません。
そんなこと、相手の家族に言えるはずがありません、絶対に隠し通さないといけないと思います。

子供の将来にお金をまったく出せないのですが、相手や先方家族から見ると子供にお金を出さないととらわれるでしょう。
それは、先方を遠ざけてしまう事になり、子供に迷惑をかけてしまう。


笑える日々って、何時やってくるのでしょうか?
もう諦めて、開き直って、お金なんて、家族なんて、人生なんて言葉を忘れ去り、道端に生えている雑草のように時間が過ぎていく、無感情な
生き物でいいですよね。

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。


身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください
すぐに知人に教える




ラベル:結婚お祝い金
posted by 800man at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック