2011年10月25日

夜逃げって、どこに逃げればいいのでしょうか?




逃げる準備をしようとしています、でも、どこに逃げればいいのか見当もつきません。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思い
ます。

昔から、夜逃げって言葉があります、実際に逃げた人も居るでしょう。
何処に逃げたのでしょうか?目立たないところ?って、人気の少ないところ?人ごみにまぎれるために大都市を考えるのでしょうか?

東京から大阪へ逃げる、九州へ逃げる、はたまた北海道へ逃げる。
行った先で暮らすには、仕事がないと収入が続かないと生きていけません。
逃げるからには、住所不定、運転免許証も提出できない。
と言う事は、会社勤めなんてむり、だったら工事現場の日雇い生活。


事務職の私が、工事現場の日雇い仕事って、続けられるでしょうか?
がんばれば何でも出来る?
病気になったら、無保険診療、年をとっても年金など受給できない。

当座の生活費に逃げるところまでの旅費がまず必要になる。
そんなお金が無いから、いま支払、返済に困っている、支払、返済に困っているから、夜逃げしたい。

鶏と卵のようにどちらが先か、頭の中がパニックになってしまいます。
今すぐ何も考えずに行方をくらませばいい、明日のことなど考えずにその日を我慢して、日雇い仕事で食いつなげて行けば、生きていける。
いつも余計なことを考え、何も出来ずに日々が過ぎていたから、借金が増え続けた、返済できないから膨らんだ。


地方へ行ってこのご時勢、日雇い仕事などないかもしれない?
そうなると、工事が多い都心部になるけれど、身元のはっきりしない夜逃げ者を日雇いでも雇ってくれるのでしょうか?

知らない土地にいきなり行って仕事を探すのは、至難の業のように思えてきました。
身近なところなら、通勤の合間に調べることも出来る、そんな気がしてきました。
でも、身近なところで逃げ回れるなんて、考えられません。

夜逃げしても、捕まってしまっては、もともこうもありません。それなら、今を耐え忍び続けたほうが希望が持てるはずです。
そうなってくると、夜逃げの選択しなんて死を考える事と同じくらい無駄なこと、その答えにたどり着きます。


会社勤めなので、アルバイトは禁止されています、なので他から収入を得ることが出来ません。

会社に判らないように収入を得られることを見つけられたら、月々の収入でやりくりでき、借金返済の道を歩んでいけそうですが、思いつきません。

ブログに広告を張ったら、まったく張らないよりもましとアドバイスを頂き、そうしていますがプロで無いから返済の足しなど程遠い話です。


ネット検索でネットビジネスについて調べても、話についていけるほど若くも無い、知識も無い、理解できない状況なもので、見通しなどありません。

会社に判らないように
アルバイトをしようとしても、アルバイト先が税法上届けるでしょうから、収入ありと会社に判ってしまう。

そうなってくると、ネットで毎月1万円の収入が確実に欲しくなる。
もっと収入を得られるとプロの方なら簡単に話しをするでしょうが、素人から見れば確実に毎月収入増なんて夢です。


また、夢をみるだけ、妄想にすがるだけ、そんな人生から抜け出すことなど出来ないですね。
計画性や行動力などがあったら、今の会社で出世していますよね。

会社にしがみついているような老いぼれ社員のぼやきに過ぎません。
優秀な人から見れば、可哀そうとも思えない、ただの負け犬。
邪魔さえしなければ、文句さえ言わなければ、おいといてあげる。
いわずと知れた、窓際社員、借金抱えた瀬戸際社員なのですね。

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。



身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください
すぐに知人に教える




posted by 800man at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夜逃げするくらいなら自己破産できないのでしょうか、ブログに書けないような理由があるのですか?任意整理したそうですけど毎月払えないような支払い額で整理してしまったのでしょうか。任意整理した後でも自己破産できるはずです、どうせ払えないなら自己破産したほうがよいのではないでしょうか。
Posted by at 2011年10月28日 23:25
自己破産しましょう そんなに、ハードル高く無いですよ。 自己破産出来ないなら、ちゃんと離婚して夜逃げなりしてください。子供が哀れすぎますわ
Posted by at 2011年10月30日 23:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック