2011年11月16日

ついに給水停止予告通知書が届きました。




水道代の請求代行会社から1通の手紙が届きました。
開封して直ぐに飛び込んできた文字が、「給水停止予告通知書」でした、当たり前ですよね、水道代を4か月分も滞納してしまえば、当然の話。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思い
ます。

そもそも、どうして4ヶ月も滞納してしまったか?言わずと知れたお金が足らないから支払えなかった。申し訳ありません。
水道代は、ガスや電気と違って、2か月分まとめて支払なもので4ヶ月の滞納は、2回口座引き落としが出来なかった為です。

前々回支払えなかった分に前回支払えなかった分がともなると、相当な額になるもので、直ぐに支払いますと返事が出来ません。


「給水停止予告通知書」には、滞納金額の記載、口座引き落とし日、それと重要な給水停止日が書いてあります。
よくよく見ると、給水停止日が口座引き落とし日の2日後になっています。
口座引き落とし結果の確認に2日かかるので、給水停止日が2日後なのでしょうか?

それならば、早くても水道が使えなくなるのは、給水停止日の翌日だろうなんて他人事のように思ったりしてしまいます。
そんな暢気なことを言っている場合でないのですが、まったくどうにもならないのが現実。

1回分も支払えないのに2回分も支払える訳がありませんが、水道の給水が停止してしまったら一大事です、生活が出来ません。


まてよ、水道の給水が止まっても、水さえあれば生活できるかも?
サバイバルか何かのテレビ番組で、玉砂利や砂などを組み合わせた雨水のろ過装置を作る様子を見た覚えがあります。

なんとかして、そのろ過装置をつくれば、川から水を汲んで水の確保が出来るはず、真剣にそのテレビ番組の内容を思い出そうとしました。

ポリタンクのようなものに、石を敷き詰め炭がフィルターの役目をしていたような気がしてきました。
木炭なんて、買わないとあるわけがない、そんのお金などありません。


馬鹿ですよね、クレジットカードがあれば、直ぐにローンを利用して一時しのぎをしようなどと考えが頭から離れません。
既にクレジットカードなど審査が通らない、ブラック人間なのに死なないと直らないです。

何も手がなく、崩れるように座り込み頭をガクッとうなだれ、時間が過ぎていきます。
いや違います、時が過ぎるのでなく、水道の給水停止日が刻一刻と近づいてくるのです。

座り込んで、ごめんなさい、ごめんなさいと独り言を繰り返しても、誰にも届かず、何の解決にもなりません。


そうでした、気がつきました。
最後の手段、ごめんなさいがありました。
真っ先に気がつくべきでした、いつも逃げてばっかりの人生を歩んできたもので、直面したことに素直にぶつかることを避けていました。

水道料金集金代行会社へ素直にごめんなさい、給料日に必ず支払うので、あと1週間ほど待って頂きたい、それをお願いするしかない。

給料で滞納した水道代4か月分を支払ったらどうなる、何かの支払いが支払えなくなるだけ、そこに今度、迷惑をかけることになります。


次の給料までお昼ご飯抜きでも、到底追いつかない。
お金って、最近落ちていないですよね。

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか?
他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。


身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください
すぐに知人に教える




posted by 800man at 17:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水道代は、毎月払いに変更できると思いますよ。
地域によって違うんですかね?
Posted by 通りすがり at 2011年11月17日 13:07
私も借金問題を抱えもう4年になります。義理父の会社で手伝うようになり、そして会社の連帯保証人にもなりました。義理父が無くなり8000万円の会社債務が残り、現在の社会不況で1億3000万円まで債務が積み重なり、今は社員を抱えず1人で事業を行っています。妻と将来の話をすれば必ず言い合いとなり、妻には本当に可愛そうな思いをさしています。愛している妻、そして子供達に何をしてやれるのだろう・・・。なんとか、頑張らなければ・・・。今日このブログを拝見し、心が少し落ち着いた気持ちになりました。
Posted by はじめまして at 2011年11月26日 01:25
私は、もっと酷く半年でしたよ・でも、おそらく連続して入金していない事が原因なのであろうと思いますので、1ヶ月か、払える金額で相談してみては?
おそらく、大丈夫だと思います。
まずは、電話を!
無理をせず、あなたの良い金額を話あって見てください!
Posted by いち at 2011年11月27日 16:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック