2013年05月22日

借金が始まったのは誰のせい、奥さんとの喧嘩が絶えなくなったのは誰のせい?




GWに奥さんの実家、南の国に行ってきました。
十数年ぶりの海外旅行でびっくりした事を前記事に書きました、今回はその続きになりますが観光気分はありませんので、込み入った理解しがたい話かも知れません。
最初からブログ記事を読んで頂けると、始まりが分かってもらえると思い ます。

借金が始まったのは誰のせい、奥さんとの喧嘩が絶えなくなったのは誰のせい?
そもそも、その考え方が間違っていたと気がつくのに何年もかかっていました。
また、それを気づかせるのにも何年もかかっていたのです。

こんな書き方だと読んで頂いても意味が伝わらないですよね、まあ、普通の人には縁どうい話ですから、分かってくださいと私は思いながら記事を書いていませんので、聞き流してください。


奥さんの南の国にやってきて、十年ぶりともなるとみんな歳をとっていました、当然、私も歳をとってきていますが、歳を取っても貧乏な状況ですと惨じめとしか言いようがありません。
それでも必死に生きていく、仕事がないから働けない、それも一理あると感じられますが毎日必死になって仕事を探しているか?少し疑問です。
その考え方があってるのかも疑問に思えてきます、それぐらい日本で自分の身の回りの光景と違うからです。
日本での私の生活レベルが低いことは借金生活ですから、悲惨な状況で五十歩百歩と同じ穴の狢ですが、私には職があるので借金を返済し始める事が出来ました。

そうなんです、奥さんの家族は職がない、その日暮らしなもので、食べるためにお金を借りたりして生き続けている、生活し続けているとは言い難い、毎日お腹いっぱい食べられない、生活というより生きていくがピッタリに思えます。
私の生活だって、職があって収入があっても借金返済でお金が出て行ったら、いくら働いてもお金が手元に残らなかったら、奥さんの家族とレベルは一緒、生活より今日を生き延びる。

会社に勤めているからといっても、収入の保証が一生涯あるとは言い切れません、その収入も毎年アップし続けるとも分かりません、つぶれそうもない大きな会社が業績不振を理由にリストラを行うことなど、不安定な状況は一生涯ついてまわるのでしょうが、突然の不幸がやってくるなど普通の生活を送っている人には予想もつかないですね。


私も高年齢組ですから会社に勤め続けても収入が増える見込みなどありません、借金は返済続けて3年目になっていますので減ってきていますが、まだまだ完済には程遠い状況です。
子供がいるもので、奥さんを選んだもので、借金を抱えたまま、家族崩壊のまま、を少しでも良くしたいと思い奥さんと面と向かいました。

奥さんもいいかげん自分の家族にあきれ果ててきているようで、もういやだと口にしてきました。
どうして自分が、いつまで自分が面倒見続けないとならないのか、奥さんが奥さんの家族に言っています。
奥さんが奥さんの家族よりも私たちの方を向き始めてくれたと感じました、ここまでくるのに何年かかったのだろう?
20年以上かかって、やっとスタート位置にたどり着けた気分です、これから夫婦仲を改善出来たら家族崩壊を修復できたら、まだ、人生に希望をもてる、子供たちに何かをしてあげられる、いい事がまっている、いや、やって来てくれる

でも、そんなに話はうまく進まないですよね、きっと落とし穴が待っている事でしょう。
今までの事を考えると素直に受け取る事などできません、少しはいい事が続くかもしれない、ちょっとだけでも幸せを感じられたら、また、少し歩き始められるような気がします。
まてよ、奥さんの変わり具合は今までと雰囲気が違うように思えます、本気のように思えてきました。
奥さんが自分に家族を振り切ってくれたら、完全に縁を切らなくてもお金以外のつき合いかたを始めてくれたら、問題が少し筒改善していくような気がします。


奥さんからすると私からの会話を求めているのでしょうか?
素直にお互いが近づき合い会話を始めたら、ちゃんと進むべき道にステアリングを行えるでしょうか?
もともと、お互いが嫌いな訳でなく、周りの人の影響で進むべき道がそれてしまった、お互いがよそ見をして違う方向へ進んでしまい、寄り道をしたうえに落とし穴にはまって踠き苦しんでいるような気がしてきました。

複雑に考えすぎてきた、いや、面倒に思い気が楽な方へ逃げてきただけ、きっとそうに違いありませんが、気がつかなかった、気がついていても気がつかないふりをしてきたのでしょう。
何となく見えてきたようですが、でも、雲をつかむような話にも思え力強さなどこみ上げてきません、何時もそうなんですよね私がふがない人間なもので、波に乗った人生などおくれるはずがありません。
それでいいのでしょうね、今抱えている借金を増やさないようにし、ちゃんと返済し続けて完済すればお金の悩みが消えます。
その後、次の悩みを改善していけばいいような、でも、借金返済が完済するのはまだまだ先のこと、それまで持ちこたえられるでしょうか?

健全なみなさんへ、日常生活にかかる費用を借金しては絶対にいけません。
次の給料やボーナスで返せるなんて思っていたら、不況で収入減や会社倒産で収入0などと予測がつきますか? 他のひとの様子は、人気ブログランキングで読めます。
身近に情報を必要な人がいらしたら下記リンクで教えてあげてください すぐに知人に教える


posted by 800man at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック